会葬礼状印刷(お葬式礼状)/★夢工房(埼玉県川口市)TEL 048-284-8100 eFAX 048-611-7420(24H)
HOME | ★夢工房 | 宛名印刷 | ご注文方法 | お支払方法| RSS | ATOM | SEARCH
宛名印刷について

宛名印刷は600dpiで綺麗です!
宛名印刷のこだわり
宛名印刷
宛名印刷前にPDFで校正確認いただけます。※校正不要の方は申し付け下さい。
修正も出来ます。※修正があまりにも多い際は別途修正代をご相談させていただきます。

宛名書体見本
宛名書体見本

ローマ数字の印字見本


※顔料系のインクで印刷するので、雨にも強くインクが落ちません。


宛名印刷の作業の流れ


,客様⇒当店へメール下さい。
当 店⇒指定のExcelファイルをメールで添付致します。
お客様⇒Excelへ入力し、当店へメールで添付して下さい、
(※必ず宛名に間違いがないか確認をして下さい)
づ 店⇒Excelから筆王へ変換します。レイアウトを文字の長さ、宛名に応じて整えます。
ヅ 店⇒宛名レイアウトを1件1件PDFで作成し、お客様へメールで送り致します。
Δ客様⇒最終確認
Г客様⇒修正依頼又は確認OK
当 店⇒修正又は宛名印刷開始
当 店⇒納品又は封入作業、投函


宛名に修正が出た場合は別途宛名修正代をお願いします。



宛名印刷と同時に印刷することで安くご提供致します。
料金別納マーク印刷


郵便番号から住所を変換できるExcelアドイン


宛名入力は住所漢字の変換とかすんなり出なかったりするものです。下記のExcelアドインは郵便番号を入力してアドインを実行すると住所まで一括で入力できます。2007年11月までの住所に対応しておりますので、その後の住所変更等がある地域等は修正してご入稿下さい。


Excelでの入力が楽になるアドインの紹介






続きを読む >>
author:PrintShop★夢工房, category:■宛名印刷について, 04:41
-, trackbacks(0), -
宛名印刷のこだわり

宛名印刷は、長年この仕事をしてきて、手間がかかる仕事の一つです。

当店がこだわっているのは、
宛名のお名前を真ん中に調整するっていうことです。
綺麗な印字で、雨等があたっても落ちないこと。
熱を通さない印刷方式であること。(レザープリンター等を使わない)


,蓮▲如璽燭諒源数に応じて、宛名レイアウトを見て1件1件調整しますが、宛名印刷は文字数によってはバランスが悪くなったりします。宛名ソフトが自動で調整してしまいます。そのバランスの悪さを少しでも、解消するにはお名前を真ん中にもってくることと、また、文字数を調整する(他の枠に移動する)ことにより、少しでも見栄えがよくなるようにしています。手書きの毛筆筆耕のようにはいきませんが、調整することによって、綺麗に見えます。

△蓮印刷モードを600dpiで印刷しています。顔料インキで印刷していますので、水に強く流れ落ちたりしません。油性のペンで書いたような品質になります。(※1をご参照下さい)

※1.実は、もう少し早く印刷できる機械がないか、探してみました。
300dpiに落とせば、今使っている機械でも充分早く印刷は出来ますが、印字はやっぱり、600dpiが綺麗なので遅くなっても綺麗な印字で作業しています。

宛名印刷機は、いろいろ出ていますが、早い機械ですと300dpiが主流のようです。
処理速度をみると、印刷機並みに印刷の速さはピカ一です。
でも、そのビジネスマシーンは顔料インキか染料インキかをたずねると、染料インキだという回答が返ってきました。高価な機械を導入しても、水に弱く、印字品質が300dpiでは、決して綺麗ではありません。
「宛名は書いてあればいい!」・「宛先に届けばいい!」という考え方であればそういう機械でも問題はないかと思いますが、高価な機械を導入して速さは得ることはでき、効率は上がるかと思いますが、品質が落ちてしまうようでは導入する意味がありません。600dpiの宛名印刷機もありましたが、最上位クラスになり、ちょっとお値段が・・・(泣)でも、その上位機種でも、私の購入条件にはかけていました。

Gを通さない印刷方式であることは、購入条件の一つでもあります。
それは何故?かというと、封筒やハガキ等は紙です。紙ですから、レザー等の熱を通す印刷方式ですと、紙に伸縮がおきるのです。シワの原因になったり、ロール紙状にまるまったりします。たまに、このカラーレザー等を使ったハガキをいただくのですが、とっても丸くなって届くことがあります。しかも、文字がテカテカにてかっていました。これは、ちょっと前のカラーレザー機で印刷したのが、すぐにわかりました。カラーレザー機は、4色のトナーを置いてから、トナーを定着する為に、オイルをその上から塗ります。その関係でテカりが発生します。最近の機種は、文字のテカリもよくなってきてはいますが、熱を通すのには変わりありません。

結果、「600dpi」「水に強い」「熱を通さない」をこだわって、今のままの品質で宛名印刷はしていきたいと思います。

当店はどちらかというと、「丁寧な挨拶状を出したい宛名にも気をくばられている企業様の依頼」が多いです。宛名一つにしても、1件1件きちんと校正をいただいています。200〜300件以上件数があれば、ご支給いただいたデータに間違いがあったり、出さなくてもいい方が入っていたりするのは多々あります。宛名の校正をすることで、気付き2〜3件修正が入ることは良くあります。修正が入らない方が少ないのです。(データはお客様からご支給いただいたものです)

宛名データをそのまま流して印刷してしまえば、作業はスムーズに進行できますが、そうはしないのが当店です。

宛名印刷はただ印刷してあればいいという物ではなく、1人1人の宛名の方へ気持ちよく挨拶状を見ていただくために綺麗にそして、文字等の間違い(特にお名前)があってはならない仕事だと思います。これからも、このこだわりは、続けていきたいと思います。





author:PrintShop★夢工房, category:■宛名印刷について, 00:56
-, trackbacks(0), -